【ポケモンLGPE】Switch版ポケモンに向けてポケモンGOを復帰しよう!今からでも楽しめる10のポイント【Pokemon GO】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

f:id:afilinana:20180620143958j:plain

2018年5月30日にSwitch版新作ポケモン「ポケットモンスター Let’s GO!ピカチュウ・Let’s GO!イーブイ」(以下ポケモンLGPEまたはポケモンLPE)が発表され、その後開催されたE3 2018でも実機プレイ映像など新しい情報が公開され盛り上がりを見せている。

そんな中、ポケモンLGPEとポケモンGOの連携機能があるという情報も公開されており、この機会にとポケモンGOを復帰する人が増えており、筆者もその一人だ。

「今から復帰しても…」とか「田舎だから…」とか考えて復帰をためらっている人も多いかもしれないので、今から復帰しても楽しめる新規要素やチェックしておきたいポイントを復帰者または復帰検討中の方向けにまとめてみた。

ポケストップ、ジムが前より増えている

f:id:afilinana:20180622184113p:plain

ポケモンGOは2016年7月22日に日本へ配信開始されたが2年ほど経った今、当時と比べるとかなりの数ポケストップとジムが増えている。

以前ポケストップだった場所がジムになったりという変更もあり、ジムの数も増えた。

私の家はかなり田舎で配信当時周辺には何もなかった。

ポケモンLGPEが発表されポケモンGOとの連携機能があると聞いてから再開してみたが、家の周辺にジムが追加され、少し歩いた先の郵便局がポケストップになっていた。(以前は何もなかった)

前より増えたがそれでも少し歩かなければならないことには変わりないのだが、配信当初に比べればかなりの進歩であり、プレイヤーとしてはありがたい。

まあ、それでもやはり田舎と都心との差はいまだに大きいと言わざるを得ないが。

ジムからもアイテムが手に入るように

f:id:afilinana:20180622191449j:plain

ジムに「フォトディスク」というシステムが追加され、ポケストップのようにアイテムを入手できるようになりました。

さらに、自分が所属しているチームのジムならボーナスで多くアイテムがもらえる

残念ながらポケストップのようにルアーモジュールを使うことはできないのでポケモンゲット目的ではポケストップのようには使えないので注意。

以前では「ジムは近くにあるのにポケストップは近くにないからアイテム補充が…」という状況だったプレイヤーや、復帰者の中には近くにジムが追加された方には便利なシステムですね。

ジムにポケモンを配置すれば課金アイテムと交換できるポケコインが入手できるうえに、アイテムの補充もできてしまうのでありがたい限り。

ログインボーナスが追加されアイテムも入手しやすく

f:id:afilinana:20180622185556j:plain

連日でポケストップを回したときや、ポケモンをゲットしたときにボーナスが追加された。

その日の最初の1回だけ、ポケストップの場合多くアイテムがもらえたり、ポケモンをゲットした際は経験値やほしのすななどが多くもらえるようになる。

最大7日続き、7日目が終わったあとは1日目から再度カウントされる。

7日目ともなるとかなりの量の差があるので毎日プレイする楽しみができた。

ログインボーナスを得るためにプレイするだけなら時間もそこまでとられない。

フィールド・スペシャルリサーチというものが追加された

f:id:afilinana:20180622190109j:plain

「フィールドリサーチ」「スペシャルリサーチ」というシステムが追加された。

フィールドリサーチはポケストップを回した際に得られ、課題のようなものが出る。

提示された課題をこなすとアイテムや経験値、はたまたポケモンが入手可能で、通常のプレイに加えられるボーナスのようなものだ。

一度クリアしたフィールドリサーチはリワードを受け取ると空欄になり、次にポケストップを回した際に新たなフィールドリサーチが入手できるので延々と課題をこなすことができる。

また、1日1回フィールドリサーチをクリアした際にスタンプがもらえ、7日分(連続でなくてもいい)スタンプをもらうと伝説のポケモンをゲットするチャンスが得られる。

期間によって出てくるポケモンが違うが、現状ファイヤーやサンダーなどの伝説のポケモンが出てくる。

スペシャルリサーチは伝説のポケモン「ミュウ」が最終的に得られるが、その最終的な目的を果たすまでにもさまざまな課題が提示され、クリアした際にフィールドリサーチと似たようなボーナスが得られる。

こちらは3つごと掲示され課題をこなすごとに新たな課題が3つ掲示される。

スペシャルリサーチは課題をすべてこなすと最終的にミュウが得られるが、プレイヤーレベル(以下PL)が必要だったりと継続したプレイが必要なので復帰したてではなかなかクリアできない長期プレイ用だったりする。

スペシャルリサーチはクリアできそうならやってみよう、程度の認識でも構わない。

このようなリサーチシステムが追加されたので以前よりアイテムや経験値などの入手がしやすくなったといえる。

トレーナーレベルも上げやすくなった

上記のようなログインボーナスやリサーチシステムにより経験値が入手しやすくなったことでトレーナーレベルも上げやすくなった。

ポケストップやジムが増えポケモンとの遭遇率が増えたことによりポケモンゲットの確率が増え間接的に得られる経験値も増えたことも、トレーナーレベルを上げやすくなった要因の一つともいえる。

トレーナーレベルは手持ちポケモンの強さにも直結するため上げやすくなったことは嬉しい限り。

ポケモンが探しやすくなった

f:id:afilinana:20180622191518p:plain

プレイ画面右下に出る近くにいるポケモンの表示がより詳細になり、どのポケストップ付近で出現しているかなど以前に比べかなりわかりやすくなった。

調べたいポケモンをタップして足跡マークをさらにタップすると、そのポケモンが出現している近くのポケストップへの位置を表示してくれるようになった。

このため、配信当初に比べどこへ向かえば出会えるのかなどがはっきりするようになり、かなりポケモンを探しやすくなっている。

ポケモンが捕まえやすくなった

f:id:afilinana:20180622182743p:plain

配信当初もポケモンの入手難度は若干下げられたが、それよりもさらに入手難度が下がり「Great」「Nice」を出した際の入手のしやすさも上がった。

配信当初よりポケモンの出現率が上がったという点でもポケモンを捕まえるチャンスが増えたといえる。

また、上記のポケモンが探しやすくなったという点でもポケモンを探してから捕まえるまでの手順が簡単になり捕まえやすくなった。

フィールドリサーチ7日ボーナスでの特典でも伝説のポケモンをゲットするチャンスがあり、伝説のポケモンを捕まえやすくなったといえる。

少数のチームは前よりジムからポケコインが手に入りやすく

f:id:afilinana:20180622182509j:plain

配信当初の仕様だとジムを占拠し続けられて人数が少ないチームが割を食っていたが、

現在の仕様だと自分のチームのジムに配置したポケモンが防衛時間10分につき1ポケコイン入手、1日上限50ポケコインという仕様になり、

上限を超えての長時間防衛する意味合いが薄くなったので回転率が上がり、少数のチームもポケコインの入手機会が増えた。

逆をいえば人数が多いチームは入手難度が上がったといえるが、以前よりはバランスがよくなったと考えることもできる。

また、体力(ハート)制になり時間経過やバトル回数によりハートが徐々に減り、CPが少なくなっていき倒しやすくなるうえ、最終的にハートがなくなるとそのポケモンは持ち主の手持ちへ帰還する。

一人でも頑張れば割とジムバトルを制覇しやすくなった。

フレンド機能と交換機能が追加

f:id:afilinana:20180622180656p:plain

2018年6月末ごろにフレンド機能交換機能が追加される。

プレイヤーレベル10以上の近くにいるフレンドのみという縛りはあるものの、昔から続けているプレイヤーや復帰したプレイヤー同士での交流のきっかけにもなる機能だろう。

近くの復帰したプレイヤー同士の交流にも使えるので、復帰したプレイヤーはぜひ有効活用してみよう。

カントー地方のポケモンのみだが新作ポケモンに連れて行ける

f:id:afilinana:20180622180743j:plain

記事の最初に記載したように新作ポケモンとポケモンGOの連携機能がある。

その一つとして、現状カントー地方のポケモンのみだがポケモンGOから新作ポケモンへ手持ちポケモンを連れて行くことができる。

ポケモンGOからの一方通行だが、今のうちにポケモンGOでポケモンを捕まえておけば新作ポケモンでのポケモン入手が通常より容易になるだろう。

※ポケバンクなどから新作ポケモンLGPEにポケモンを送ることができるかどうかは現段階ではわかっていないので情報を待とう。

まとめ

他にもさまざまな要素が追加されているが、おおまかなポイントとして上記の10ポイントを挙げてみたが、いかがだったでしょうか?

私の場合は配信開始から2~3ヶ月程度しかプレイしていなかった口だが、私のようなプレイヤーも多いと思うので参考になれば幸いです。

この機会に復帰プレイヤーが増えればポケモンGOの環境もよくなり、新作ポケモンに向けてのコミュニティも広がると思います。

また、ポケモンGOに関してでもポケモンLGPEに関してでも記事に記載されてない「こんな機能があるよ、こんな機能が増えたよ」などありましたら、コメントまたはツイッターにてご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す