ツール

【21年10月版】Chromeの”リーディングリスト”を非表示・削除する方法

今年(2021年)の何月頃か忘れたがGoogle Chrome(グーグルクローム)の右端に“リーディングリスト”なるものが追加され「なんだこれ!?」ってなったと同時に、邪魔くさい…どうやって消すの…と“chrome://flags/#read-later”で消す方法を見つけて消えてしばらく経ったらまた出てきた!

また”chrome://flags/#read-later”を試そうと思ったらそもそもその項目消えてるんですけど!?

と、お困りの私とあなたは以下の方法をお試しください。

Chromeのリーディングリストを消す方法

①Chrome右端に表示されている”リーディングリスト”を右クリック

②”リーディングリストを表示”にチェックが入っているはずなのでクリックしてチェックを外す

 

以上です!

リーディングリストを表示しなおしたい場合は、ブックマークバーを右クリックして”リーディングリストを表示”にチェックを入れなおしてください。

ブックマークバーを非表示にしている方はブックマークバーの表示方法を検索してブックマークバーを表示してからお試しください(`・ω・´)キリッ

 

補足:
以前リーディングリストが追加された時は正式採用ではなかったため右クリックメニューでの表示・非表示ができませんでしたが、今回から正式採用されたようでブックマークバーの右クリックメニューに追加されたっぽいです。
そもそもこの機能使ったことないけど必要なんですかね

【データ復元】EaseUS Data Recovery Wizardの使い方、使用感レビュー

特に残しておく必要もないだろう、と削除してしまったデータやゴミ箱をまとめて空にしてしまった中に必要なデータがあったり、間違えて削除してしまったデータを復元したい!と思ったことってありませんか?

HDDやSSDなどの記憶媒体には削除して表面上では消えてなくなってしまったデータも「削除されたデータ」としてデータ上には残っています。

しかしその復元したいデータを専門の業者に頼んだりすると安くて数千円くらいから、高くつくと1万円や2万円とられたり、状況によってはさらに高くついたり、頼むたびに費用がかかったり…。

 

今回使ってみたのが、EaseUS(イーザス)というデータ移行やバックアップツールなども出してるサイトの「EaseUS Data Recovery Wizard」というツール。

https://jp.easeus.com/data-recovery-software/drw-pro.html

削除後のデータが記憶されている限りは修復できるツールで操作も簡単。

フリー版は制約があるものの問題なく使用できるし1回限りや頻繁に使う予定でもなければフリー版で十分。

頻繁に使うかもしれないならプロ(有料)版の購入も検討してみるといいかも。

 

私の環境がWindows7なのでWindows向けの説明と感想になりますが、Window7以外のOSでも同様の操作で大丈夫です。

Mac向けにもリリースされているのでMac版の参考にもどうぞ。

続きを読む